これからの動き




※2018年10月11日現在

Trialverの配布開始から2か月
ProtoModelの販売開始から1週間ちょい経ちましたねぇ
以前書いたりあれだったりこれだったりに書きましたが、
区切りが良い感じなので、これからの動きをここでまとめてみようかなと。


1.素材の再録までにやること

練習
 こないだ久しぶりにスタジオ入ってきたわけですが、
 ちょっと冗談じゃないレベルで下手になってました(ハッハッハ
 一打一打叩くだけとはいえ、演奏技術があってこその出音なので練習します。
 久しぶりに叩いてみたでも撮ろうかなーとか。

スネアを新調(しました
 思ってた以上に音源を購入してくれた方が多かったので
 スネアを変えようと思います。
 試奏して録音したりなんだりして決めようと思いますがほぼほぼ購入予定です。
 センシトーンエリートの5インチを購入。
 ProtoModelのスネアよりすっきりとした音になります(予定
 
チューニング等の見直し
 スタジオ入った際に軽くタムをいじった感じでは、そこまで鈍った感じはありませんでしたが、
 一応演奏と並行して練習しておこうかなと。
 練習の他に、打面にコーテッドのピンストとか裏面にCSヘッドとか
 試したことのないヘッドを使ってみたいですね。
 せっかく皆さんの応援を頂いているので、惜しみなくやりたいと思っています。
 良いもの作って自分もユーザーの方々もwin-winですよ。
 
マイクの位置の見直し
 特にTOPとROOMのマイクですね。TOPはまだ良いとして、ROOMに関しては
 わざと変な方向に向けてみたりして「それっぽい」音が録れる場所を探してみます。

収録ショットの見直し
 ほぼほぼ決まっていますが、スタジオに入って練習しながらもう少し練ってみるつもりです。
 ショットが増えれば使い勝手が悪くなりますが、自分が欲しいと思う音を網羅したいので基本的に無視の方向で。
 Lite版としてショット少な目、お値段安めな音源を作ってみるのもありかなー、なーんて思ってたりします。


2.素材の再録に関して

ProtoModelとほぼ同じ音色で素材を録り直し
 同じ音かよ!というツッコミが来そうですが、これは自分のこだわりでもあるので譲れません。
 ほぼ同じ音で録ってきます。
 ただ、ショットを増やしてくるので厄介な使い心地になるだろうと思われます(ヘッヘッヘ

スタジオ2日丸々借ります
 あれだったりこれだったりと収録したいショットが増えているので、
 確実に1日では終わらないであろうということが予想されます。
 なので、2日丸々借りてじっくりと録ってこようかと。
 特にシンバルに関してはサステインがめちゃめちゃに長いので…(笑
 太鼓類とハイハットに関してはラウンドロビン用のサンプルも用意したいと思っています。
 


3.今後の音源作成に関して

シリーズ化、各シリーズ4種の音源
 今後は一つの素材(ドラムセット)で作られた音源を1つのシリーズとして扱い、
 一つのシリーズにつき4種類の音源を作成します。
 Trialverのような無料体験版(以下A
 ProtoModelのようなほぼ無加工の基本的な音源(以下B
 扱いやすいようにあらかじめ調整された音源(以下C
 マイク毎に出力可能な音源(以下D
 (それぞれ名前未定、アイデアください。

 今後はTrialverとProtoModelのように音源ごとに音が違うことは
 基本的にありません。
 ABに関しては同じ音色になると思ってください。(もしかしたら変えるかも…?
 もちろんAは収録されるショット、サンプル数はBに比べて少なくなります。

 Cに関しては説明のままです。
 ただ、調整する余地を残す程度に整えるのか、完全に調整されたものにするかは考えていません。
 後ほど考えます。現状では前者のつもりです。

 Dに関しては音としてはAやBと同じものになりますが、マイク毎に出力できるようにするので
 スネアの上下のバランスやキックのイン、アウト、サブキックの各トラックの調整はもちろん、
 各マイクの被りもそのまま出力します。
 マイクごとにエフェクトをかけることが可能になるので、DAW上での音作りの自由度が高くなります。
 ただし、まだ構想の段階でしかないので頓挫する可能性も無きにしもあらず。
 近いうちに試してみます。(仕組み的には問題はないはず

 それぞれの値段に関しては作ってから決めます。
 可能であればサクッと使ってもらいたいので、5桁は超えない値段を目指したいと思っていますが、
 作業量が今までと比べて尋常じゃないことになるのは確実なので保証はできません。
 せめてもの対策で、Bに関してはLite版を作ろうかとか思ってたり。
 今のProtoModel的な感じになりますかねぇ(予定です予定


 予定している音源のシリーズは
 1.現在作成中のドッタンバッタン系の音
 2.Ludwigのセットを使った丸い暖かめの音
 の二つになります。
 それ以降に関しても色々やりたいことはありますが、実際は今後の音源等の売り上げ次第ですね。
 申し訳ないですが、こればかりはご容赦を。
 なので、良いなーと思った方はどんどん友人などに勧めていただけると嬉しいです。
 もちろん、自分でもできることはどんどんやっていこうと思っています。
 とりあえずは配信で自分の音源を使って曲のコピーとかですかねぇ…(笑
 地道にやっていきます。


4.音源以外でやろうと思っていること

・販売サイトの作成
 流石にboothだけでは今後増えていく音源の容量に耐えられないので、サイトを作ります。
 手伝ってくれる方が見つかったのでちゃんとしたサイトを作りたいなと。
 コンセプトの説明とかカッコよくしたいなぁー

・音源解説動画
 再録後の音源はかなりショットが増えるので、宣伝も兼ねて解説動画を作ろうと思っています。
 ナレーターはボイスロイドに任せたいのですが、
 まぁ大人の事情によりどうなるかちょっと微妙なところなんですけども(笑
 そっちに関しても結局放置してるのでさっさとなんとかしますね。
 (と言いつつ結局放置する未来しか見えない

・打ち込み解説動画
 ドラムを触ったことない人向けに簡単な打ち込みの解説動画を作りたいと思っています。
 もちろんナレーターは(ry
 自分自身が打ち込みに関してまだまだ勉強が足りないので、基本的には簡単な解説動画になると思われます。
 8ビートはハイハットを~すると生っぽい演奏になるよ~とかそんな程度になると思います。
 (凝りだすと止まらないのでどうなるかは未定…(笑

・打ち込み代行
 自分の音源を使っての打ち込み代行、もしくは打ち込んだMidiの調整。まんまですね。
 ただ、音源ができないとどうしようもないという…(笑
 せめて再録後の音源ができてからですね。
 打ち込みに関してのスキルはまだまだなので勉強、練習はしていきますが
 こんなソフトがあったので、これでやってみるのも良いかなーなんて思ってます。

 50秒辺りから見てください。

・オーダーメイドのドラム音源
 いやこれ需要ある…?
 テストで録って確認、修正、テスト~その後ちゃんと録音って流れになると思うので結構なお金かかりますよこれ。
 とはいえ、面白くはあるのでやってみるのもありかなーとは思います。
 え?だったらレコーディング頼む?
 でっすよねー

・ドラムレコーディング
 うーん…いやですね、音源作っておいてなんですが、
 ドラムは生で録れってのが揺るがないスタンスなので、やりたいといえばやりたいんですよ。
 ただ、色々問題がありましてですね…(笑
 まー今は音源制作に集中したいというのもあるので。いつか気が向いたら~ぐらいに思ってください。

他にもちらちらとありますが、別の機会にでも。


何か質問とか要望、あれやってーこれやってーってのがあればお気軽にこちらにどうぞー




読みにくい文章だったとは思いますが、ここまで読んで頂きありがとうございました。
個人でドラム音源とか正気かよとは自分でも思いますが、特化型だからこそできることがあると思います。
そこを突き詰めて、他の音源に負けないものを作っていきます。
どうか応援、よろしくお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください