音源に関して(割と長い


ゲームなんかやってないでブログかけと言われたので書きます…
ゲームやりたい…


※ちょっと更新
———————————————————————————————————————-
これで囲んでるところを追加しました。




えー音源に関しての情報がバラバラだったのでまとめますね。
・音源の名前
 「T.K.D._ProtoModel」
 後述の理由により正式版にはできねぇ!ってことでProtoModelです。

・リリースは9月中を予定
 音源部分は終わってマニュアル作成中です。
 慣れない作業なので割と時間が…
 (9月過ぎたらごめんなさい

・お値段3000円
 色々な理由があってお安くなっております
 詳しい理由については後述

・ショット内容に関して
 T.K.D._ProtoModel_KeyMap
 これ見てください。ベロシティレイヤー数も書いてあります。
———————————————————————————————————————-
・ラウンドロビン一応あります
 おまけ程度です。ON、OFF可能

・各楽器の音量微調整、ピッチ変更可能
 ピッチ変更はピッチシフターでの対応なのでやりすぎ注意
———————————————————————————————————————-
・体験版と同じくサウンドフォント形式です。
 有名どころのサンプラー持ってません(白目
 sforzando専用になるのでご注意を

・デモ音源

前半は曲と一緒、後半はドラムのみ
極力コンプレッションされないようにマスターにリミッターを掛けただけのほぼノーエフェクト状態です。


ザクっとした情報はこれぐらいですかね。
以下の情報はまぁ割と重要、かな。

まず値段に関してですが、KeyMapのpdfを見てもらえばわかる通り、
金物のサンプルが圧倒的に少ないです。Alchemyの打ち込みやってる最中3回ぐらいキレました。
そして一応一部ショットにラウンドロビンも付いていますが、
「おまけ程度」と考えてください。(オンオフ可能です。
上下のサンプルを引っ張ってランダム(という名の手動配置)をしています。
例)スネアのレイヤー23のショットのは22、23、24のショットが特定の順番で鳴ります。
ということで音のばらつきが激しい部分と割と自然に聴こえる部分があります。
なのでお値段お安めの「ProtoModel」と、いうことです。


が!太鼓の音に関しては自信があります。
これぐらい極太かつすっきりとした太鼓の音源はあまりないと思うので、こういう音が欲しかった!
という方は確実にいらっしゃると思います。
めちゃくちゃ良い楽器をガツンと鳴らしてあげました。
それに見合った音になっているはずです。

もう一点、これが利点と言っていいかはちょっと微妙かもしれませんが、
TOPのマイクにローカットを掛けただけのほぼ録って出しの状態です。
VSTなどによる音作りがされてない状態なのでエフェクトのかかりは良い、と思います…w
Mixに慣れてないと扱いにくいかもしれませんが、そういう方向けにミックス済みのものもリリース予定なので
そちらがオススメかもしれません。


ということで今作っているProtoModelの説明でした。
では次にこれもブログでちらちら言っている素材の再録について。


ProtoModelの出来があまりにも納得がいかないので同じ楽器、同じ音作りで素材を丸っと録り直してきます。
金物のサンプルの量はもちろんですが、実際に音源を作って使ってみて
あのショットが!このショットが!!!!!
というストレスがヤバかったです。

なのでそれらの反省をふまえて、素材を録り直して、音源も作り直します。
具体的に言うと
金物のサンプル量の増大
ベロシティレイヤー数の調整、ラウンドロビン専用のショットの収録
ゴーストノートなどに使うスネアのロール
ハイハットを踏み込んだ状態のショット
スティックカウント
etc…etc…
音源の売り上げにもよりますが2日丸々スタジオを借り切ってこれでもかというぐらいに
サンプルを録りまくって来るつもりです。


というわけで音源を後日作り直します。
ProtoModel改(仮称)的な
お値段は5000円を予定していますが、素材の編集作業、sfzの作成がかなり大変になることが予想されるため
値段は上がるかもしれません…w ご了承ください。
ProtoModelを買っていただけた方には無償アップグレードということで、
ダウンロードできるようにしようと思っています。
なので先行投資ということでをProtoModelをお買い上げ頂ければなと思います(笑




読みにくい文章だったとは思いますが、大体の情報はこれでまとまったと思います。
後日追加などする場合もあるのでその際はTwitterでツイートします。


ユーザーの方に満足してもらう音源を作る。
というも大事だと思いますが、まず
何!より!も!自分が満足できる音源を作ろうと思っています。

この音源を作った後も70年代後半製造のLudwigのセットを使った音源も作成予定です。
皆さん応援、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください