T.K.D.-G1-Extreme for KONTAKT α版公開しました。

お待たせしました。
KONTAKTへの移植がひと段落したため。T.K.D.-G1-Extremeを購入した方向けにα版を公開します。
T.K.D.-G1-に関してはこちらのブログ記事Boothの販売ページをご覧ください。
もちろん、これから購入する方もダウンロードできるのでご検討よろしくお願いします。
なお、KONTAKT6以上で動作します。


KONTAKT版で可能になったこと

・それぞれの楽器の音を各マイクに送る量のコントロール
・被りのサンプルのOnOffのコントロール
・音源上でマイクのフェーダー、ミュート、ソロのコントロール
・パラアウト、打ち込みながらサードパーティー製のVSTで音作りが可能

より詳しい解説は動画をご覧ください。
全画面推奨です。

その他細かい注意点
・キーマップはsfz版と同じですがKONTAKTの仕様上、各レイヤーの割り振りが異なっているためsfzで打ち込んだMIDIを使っても同じ演奏にはなりません。
・Ctrl+クリックで各ノブ、スライダー等を初期値に戻せます。
・パラアウトの方法はこちらの記事を参考にしてください。(問い合わせが多ければ動画撮ります)
モノラルでDAWに信号を送り、パンやフェーダーなどの操作はDAW上で行うことオススメします。

また、α版の解説動画に入れる予定でしたが、動画が長くなってしまったためTKDSeriesのコンセプトの解説部分を別動画化しました。
こちらもぜひどうぞ。
KeyMapと一緒にご覧ください。

TKDSeriesに関する情報はこちらの記事をご覧になってください。

TKDシリーズのコンセプトのおさらい

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください