コンガっぽいのがボンゴで、ボンゴっぽいのがコンガ

たまに自分もわからなくなります。

 

 

ということで

 

 

買っちった

他にも楽器(?)が写ってますがそれらに関してはまた後日
今回は珍しく演奏を録ってきたので動画をどうぞ。

 

これだけコンパクトな楽器ですが、叩き方次第で音色がガンガン変わる楽器なので、ボンゴの音源の収録まで猛練習が必要そう。

 

ヘッドの悩み

このボンゴに張ってあるヘッドはプラスチックではなく革のようで、youtubeで調べると良く出てくるボンゴの音よりも中低域が目立つポコポコという音色です。これはこれで好きですが、ヘッドが分厚いせいか小さい太鼓を左手でミュートしながら右手で叩いた時の音が、ほとんど響かないのが個人的に気になります。プラスチックヘッドを貼ったあのスカンと抜ける音は魅力的ですし、なにより音色の手数が増えると思うと…
恐らく薄めのヘッドを使えば解決すると思いますが、単純に技術の問題かチューニングによるものかはまだ自分の中ではっきりしてないのでしばらくは現状維持でポコポコしてます。

 

 

テスト音源

せっかくなので作ってみました。

演奏もままならないうちに録ったにしては狙った音色を出すことができたので、なかなかそれっぽい感じになってると思います。ただ、まだボンゴと言う楽器の理解が浅いせいか「なんかいまいち」感が拭えないので、しばらくはボンゴをいじり倒すことになりそうです。
「なんかいまいち」と思う要因が楽器自体の問題なのか、録ってきたサンプル(演奏)が悪いのか打ち込みが悪いのか、はたまた全部なのか、まさかの自分の考えすぎなのか。
自分にとってはドラム音源を作るよりも厄介です…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください