ジョン・フルシアンテの復帰とかチャドのドラムの再現とか




なにやら朝からレッチリの話題を見ると思ったらジョン・フルシアンテが復帰するそうな

ドラムのチャド・スミスが好きでジョン・フルシアンテがいたころの曲はちょいちょい聴いてたり。
メンツが集まればコピバンやりたいなーぐらいには好き。

何が良いかってチャドのドラム


このドッカンバッカンとドラムを鳴らすパワーとスピード感のあるプレイ。
テクニカルなドラマーではないですが、あのパワフルなフレーズの組み立てかたにあこがれているドラマーは多いでしょう。
このパワーならSABIANのAAシリーズであの出音というのも納得。分厚いんですよAAシリーズ…w

というわけで(?)Dani Californiaの頭二小節のドラムを自作の音源T.K.D.-G1-でコピーしてみました。


この曲、というかチャドがよくやる8ビートの歌い方はちょっと特殊です。
演奏上やってることは左足を上げ下げしてハイハットを叩いてるだけなんですが、その出音を打ち込みで再現しようとすると中々骨が折れます。

次のブログ記事でチャドはどんな演奏をしているのかを出音や動画を紹介しつつ考察して、ドラム音源でどうやって再現すればいいかを解説します。
もちろん使う音源はT.K.D.-G1-ですが、他の音源でも再現は可能かもしれません。
この演奏を再現しようと思う人がどれだけいるかは、気にしないようにします。ハイ

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください