T.K.D.-G1-解説その0 どんな音源?




T.K.D.-G1-解説その0 どんな音源?←今ここ
T.K.D.-G1-解説その1 出音のお話
T.K.D.-G1-解説その2 出力方式のお話
T.K.D.-G1-解説その3 実際に人間が叩いてるような音がするってお話
T.K.D.-G1-解説その4 ショットの種類のお話
T.K.D.-G1-解説その5 ベロシティレイヤーのお話
T.K.D.-G1-解説その6 歌えますよこの音源ってお話その1


T.K.D.-G1-という音源はそもそもどんなドラム音源なのかというお話。



どんな音源?
 カッコいい音が出る音源
 ロック系に特化したドラム音源
 楽器とヘッドの選定、チューニングとミュートを適切に施し、速い曲に合うように音作りをしたドラムで素材を収録
 EQやコンプなどで音を加工せずに音源化
 ショットを充実させ実際のドラムに迫る表現力を持つ音源です。


なんでロック系に特化なの?
 そもそも曲をレコーディングする際、曲に合わせた音作りをした楽器をそういう音が出るように演奏します。
 音源にする場合、どんな曲に対してもぴったりハマる音にすることは不可能です。
 ジャンルの傾向に合わせた音作りと演奏にすることは可能なので、特化させる方向性で音源を作成しました。
 

なんで無加工?
 レコーディングの段階で特定の用途向けの音作りをしてあるからです。
 EQやコンプなどで音を加工していないので細かい部分の追い込みが可能です。


他に特徴ないの?
 音が動いてたり、ショットの種類が豊富だったり、ベロシティレイヤーが豊富だったり。
 他の解説記事をどーぞ


なんか色々あるけどどれがいいのよ?
 Basic:とりあえずドラムの音が欲しい人へ(無料体験版
 Standard:ショット数は少ないけどベロシティレイヤーは豊富な入門用
 Advanced:ショット数もベロシティレイヤーも豊富で表現力お化け
 Extreme:Advancedの表現力に出力の方法がマイク毎になっているのでほぼ生ドラム
 (他のドラム音源のようにある程度音を加工してある音源も作成します。


最後に
 生ドラムの表現力
 ドラムらしい音
 の二つを満たす音源が欲しかったので作りました。
 Extremeであれば演奏もMixも生のドラムと同じように使うことができる音源です。
 今後ドラムセットやヘッドを変えて音色のバリエーションを増やします。
 ご期待ください。
 

音源はBoothで販売しています。



次の記事
T.K.D.-G1-解説その1 出音のお話




 音源製作:あーさー
 Twitter:https://twitter.com/_TKDrums_kousik
 Mail:t_k_drums@yahoo.co.jp
 HP:http://arthurdrdr.phpapps.jp/ 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください