T.K.D.-G1-解説その2 出力方式のお話




T.K.D.-G1-解説その0 どんな音源?
T.K.D.-G1-解説その1 出音のお話
T.K.D.-G1-解説その2 出力方式のお話←今ここ
T.K.D.-G1-解説その3 実際に人間が叩いてるような音がするってお話
T.K.D.-G1-解説その4 ショットの種類のお話
T.K.D.-G1-解説その5 ベロシティレイヤーのお話
T.K.D.-G1-解説その6 歌えますよこの音源ってお話その1


今回は出力方式の違いのお話です。
その1の出音にも関係したお話になりますね。
これもExtremeとそれ以外の音源で違います。


Extreme
出力方式はマイクごとになります。
言葉で説明するのは面倒なうえに把握するのも難しいので動画をどうぞ。
その1で解説していた音の被りも確認できます。

実際に触りたい方はこちらでパラアウトしたファイルをダウンロードできます。
https://www.axfc.net/u/3959975




Basic、Standard、Advanced
これらの出力方法は楽器ごと+響き成分になります。
こちらも動画をどうぞ。
音の被りがないのでExtremeと比べてスッキリハッキリとした音です。

こちらもパラアウトしたファイルをアップロードしてます
https://www.axfc.net/u/3959980





ドラム超大好き!!!!!!!という方はぜひExtremeをどうぞ。
ドラム大好き!!!!!!!!という方はAdvancedをどうぞ。
ドラム好き!!!!!!!!!という方はStandardをどうぞ
https://tkd-sound.booth.pm/items/1223676

ドラム音源触ってみたい!!!という方は無料体験版のBasicを触ってみてください。




次の記事
T.K.D.-G1-解説その3 実際に人間が叩いてるような音がするってお話


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください