今作ってる音源に関して

思いついた時にやらないとずっとやらないままなので色々と書き出すなど
決まったことがあったら都度更新していきます。

※12/18 情報追加
※1/10 ショット内容にリンクを追加、Exteramの音源を鳴らしてる動画を追加
※1/31 動画を差し替え、パラアウトしたファイルをダウンロードできるようにしました。


名前

T.K.D.-G1-


お値段
未定


音源のフォーマット
サウンドフォント(sfz)の音源です。
フリーのサウンドフォントプレイヤーSforzandoをインストールしてご利用ください。
他のサウンドフォントプレイヤーでも音は出せると思いますが、Sforzandoでの動作を前提とした調整をしています。

販売後、要望が多ければKONTAKTやHALionなどのサンプラー音源に対応させることを前向きに考えています。

バリエーション



音源を選ぶ基準
Basic:体験版。とりあえず使ってみたい
Standard、StandardSP:ザクっと打ち込む用。作家さん、バンドのデモ向け
Advanced、AdvancedSP:ショットとベロシティレイヤーが豊富。凝りたい人向け
Extreme:ドラムをレコーディングした音を可能な限り再現。使い勝手よりも音優先。
     マイク毎に出力するためレコーディングしたドラムの処理の経験がある人向け。


それぞれどんな感じ?
Basic:ほぼTrialVerと同じ
Standard:ほぼPlotoModelと同じ
Advanced:PlotoModelにショット、ベロシティレイヤーを大量追加
Extreme:マイク毎に出力が可能になったAdvanced。詳しくは下の動画をどうぞ


ショット内容
こちらへどうぞ


太鼓の主要なショットは大体127ベロシティレイヤー(少ないものもあります
ハイハットも主要なショットはほぼ127ベロシティレイヤー
シンバル類は50レイヤーぐらい


~Sp以外の音源は位相調整とフェーダーバランスだけです。
良くも悪くも録って出し。

使用機材
DrumSet:Gretsch USACustom(22″Kick 13″Tom 16″FloorTom)
Snare:Pearl SensitoneEliteSteel (STE1450S)
HiHats:Top/Zildjian K Custom Dark HiHat Top14″ Bottom/Zildjian ZHT Series HiHat Bottom14″
CrashCymbal:Zildjian K DarkCrash MediumThin17″&18″
RideCymbal:Zildjian K Ride20″
ChinaCymbal:PAiSTe 2002 NovoChina18″


Extremeのテスト動画です。
動画のようにマイクごとに出力ができるのはExtremeのみになるのでご注意を

下のURLから出力したファイルをダウンロードできるので興味がある方はどーぞ
https://www.axfc.net/u/3956619



StandardSP、AdvancedSPの音源のMixはしばやんさんにやっていただきます。
しばやんさんのTwitterはこちら→@yaaaaaan
PlotoModelで打ち込んだドラムをMixしてもらった音源がこちら

こっちがMix前の音源

※ダウンロード推奨




音源に関する質問などあればこちらの質問箱にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください