音源に関する情報をまとめた何か的なそういうやーつ




Twitterで好きな絵をRTし続けるbotと化していますが
音源に関しても情報を垂れ流ししてるだけになってるので書きなぐってまとめてみます。


コンセプト

ジャンル特化
とりあえず録っただけの音源は芸がないのでジャンルと想定BPMを設定して音源を制作します。
ドラムセットやヘッド、チューニングなどの音作りもジャンルに合わせて選定、調整します。
可能なら録る部屋も…と行きたいところですが現状は難しいですね。

無加工
良くも悪くも録って出しの音です。
さっと使える音ではないですが、音作りの幅は広くなります。
EQやコンプなど加工済みの音源も作成します(後述)

表現力の追求
ドラマー(自分)視点でこの音が欲しいというショットを収録します。
一例をあげるとハイハットクローズを3種、オープンを3or4種
それぞれBowとEdgeの叩き分け+α
スネアは打点を3つにリムショットとリムをかけてないショット、サイドスティック(クローズドリムショット)+Gockショット
特にハイハットとスネアに関しては127サンプルを収録予定です。
(ダイナミクスレンジの幅によってはレイヤー数が少なくなります。)
他にも、演奏中にスティックが当たった音やスティックを落とした音などちょっと変わり種も入れてみようかなーと

こんな音源になればなーっていう妄想
こちらをどうぞ




音源の種類
作ってる音源の内容はとりあえず置いておいてどんな感じの音源を作るのかをざっと

一つの素材(音作り)につきこれら4つの音源を作ります。
Trialverのような収録ショット、ベロシティレイヤー数を制限した無料体験版(以下A)
ProtoModelのようなほぼ無加工の基本的な音源(以下B)
扱いやすいようにあらかじめ調整された音源(以下C)
ここで紹介しているマイク毎に出力可能な音源(以下D)

T.K.D.~(シリーズ名)AとかBとか
みたいな感じになります。

Cの解説っぽいのがないですが大体、多分、恐らく、きっとこんな感じの音源になります

カッコいいでしょ?
これしばやんさん(@yaaaaaan)にいじってもらったんですよ。
実際Cの音源を作る際はしばやんさんにMixをお願いします。
で、もうちょっと音作りの余裕を持たせられるような感じにしたいなーーーってぐらいのざっくりとした妄想状態。
予定は未定。

で、あくまでも表現力重視にするので、ショットの数が多く、使い勝手が悪くなることが予想されます。
なのでサクッと使ってみたい方向けのショットの数を減らしたLite版のようなものを作ろうかと考えています。
(今配布しているTrialverのサンプル量を増やしたような感じ
で、後でフル版にアップグレードも可能にできればなと。

他にもスネアのみシンバルのみの拡張音源も作っていこうかなーという予定です。
チューニングを変えたタムだけの音源も面白いよねーって話も出てたりしてます。
面白そう。(何よりも自分が楽しい)


今作(ろうと頑張)ってる音源
Gretschのセットを使った音源です。
音作りはProtoModelのような音源です。
なんでProtoModelの段階で作らなかったの?
って話は過去にブログで言ってたと思うので、気になる方は探してください。
これを見れば何となくわかると思いますが、大体そんな感じのドラム音源です。
このドキュメントはあくまでもProtoModelに関するドキュメントなので実際はちょいちょい変わります。多分。
要するにドッタンバッタン系のカッコいい音のする音源です。



次に作る音源
70年代製造のLudwigのセットを使った音源を作ります。
こんな感じの音を想定しています。
あー好き。(理由はそれだけ


そのほか
明るいボカロ向けのすっきりとした感じの音源
手数少な目のハードロックっぽい感じの音源
メタルっぽい感じのry
ジャズっぽいry
とかとか色々etc…
需要もそれなりに見つつ、やりたいと思ったことをやりたいなーという感じです。
ブラシを使った音源とかも作れたらなーと。
(ブラシの猛練習が必要




そんな感じです。
わがままの塊です。
よかったら応援お願いします。




~しないの?とか質問などあればこちらにどうぞ。
必要な情報だと思ったら追記します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください